株式会社バンダイナムコピクチャーズ 採用案内

スタッフ紹介

プロデューサー

アニメの企画立案、予算調達、契約締結、宣伝、交渉、スタッフィングなど、作品におけるすべての責任を有します。また、制作現場の全工程の統括を担当し、予算、スケジュール、クオリティを管理しながら、作品の展開に沿ったメディアやスポンサー、メーカー等との交渉をするプロジェクトのリーダーです。

制作デスク

制作進行を取りまとめ、作品全体の進行管理を担当します。
制作デスクは、まず、自身の経験や人脈から、作品や各話の内容に合った絵を描ける原画、動画、仕上げなどの各スタッフを探します。そして、クオリティ、スケジュール、予算を検討して各話に最適な人の配置のバランスを考慮して発注先を決定します。また、絵コンテの発注もデスクが担当します。コミュニケーション力に加え、マネジメント力、危機管理力が必要とされます。

制作進行

制作進行は、作品の話数単位に配置され、コンテ完成後から納品までを担当します。
クリエイターとの連絡や交渉、成果物の受け渡し、スケジュールの管理・調整など業務は多岐にわたります。
多くのスタッフと関わることになる為、確かなコミュニケーション能力と広い範囲での管理能力が求められます。
様々なキャリアの出発点となる制作進行は、業務を通して人脈や経験を蓄積し、自身のキャリアアップを目指します。

設定制作

シリーズ全体を通して、主にシナリオ、絵コンテ、各種デザイン等、プリプロダクションにおける進行管理を行う仕事です。ここでの成果物はシリーズ全てに影響するのは言うまでもなく、必要な資料を集めたり、クリエイターに発注する内容について的確なコミュニケーションを取ることが大変重要です。通常、制作進行で経験を積んだスタッフが担当し、のちにプロデューサーのみならず、演出や脚本へのキャリアパスになる場合があります。

演出家・脚本家